竹間小学校・竹間幼稚園の碑

NA121

ちくかんしょうがっこう・ちくかんようちえんのひ
石碑(0010125)石碑周辺(0010124)

 竹間小学校は明治2(1869)年上京第二十一番組小学校として創設された。平成5(1993)年,京都市立富有小学校と統合し,京都市立竹間富有小学校と改称。さらに平成7年に梅屋・龍池・春日小学校と共に統合し,富有小学校の地に御所南小学校ができた。
竹間幼稚園は 明治18(1885)年竹間小学校に幼児保育科として創設され,明治42(1909)年に廃止となったが,昭和30(1955)年に再開園した。平成8(1996)年京都市立中京もえぎ幼稚園に統合された。この石標は,竹間小学校・竹間幼稚園の跡を示すものである。

所在地中京区東洞院通竹屋町下る東側
位置座標北緯35度00分56.2秒/東経135度45分39.3秒(世界測地系)
建立年2001年
建立者京都市教育委員会
寸 法高61×幅120×奥行45.5cm
碑 文
   [南西]
(校章)竹間小学校
(園章)竹間幼稚園   の碑
   竹間小学校は明治二年 全国に先駆けて
上京第二十一番組小学校として創設され
幾多の変遷を経ながら 昭和二十二年には
京都市立竹間小学校 平成五年には
京都市立富有小学校と統合によって
京都市立竹間富有小学校と改称し
開校以来八千有余名の心豊かで 有為な
卒業生を輩出した 平成七年三月 京都の
未来を担う子どもたちの教育充実を願う
地域の人々の熱意と支援のもと統合校である
京都市立御所南小学校にその使命を引き継ぎ
輝く伝統と歴史の幕を閉じた
竹間幼稚園は 明治十八年 竹間小学校に
幼児保育科として創設され 京都における
幼児教育の先駆けをなした 明治四十二年に
廃止となったが 幼児教育を再開させるため
昭和三十年に開園し以来二千余名の園児が
巣立った 平成八年三月 地域における幼児
教育の充実 公立幼稚園の活性化を願う
地域の人々の熱意と支援のもと統合園である
京都市立中京もえぎ幼稚園にその使命を
引き継ぎ 輝く伝統と歴史の幕を閉じた
            平成十三年三月
                              京都市教育委員会
   [北東]
   竹間幼稚園のうた
            作詞   飯島   敏子
            作曲   川澄   健一
一   りんごのほっぺが
      かけてきた
      まあるいほっぺも
      かけてきた
      いつでもとんとん
      おともだち
      なかよしちっかん
      ようちえん
二   くりくりおめめの
      だれかさん
      しくしくおめめの
      だれかさん
      いつでもとんとん
      おともだち
         なかよしちっかん
   ようちえん
竹間小学校   校歌
            作詞   伊吹   武彦
            作曲   福本      正
一   伸びていく   伸びていく
      竹のこころよ
      いきいきと   自信にみちて
      きょうもまた   ああ光をめざす
二   伸びていく   伸びていく
      竹のつよさよ
      あすの日に   もとめてやまぬ
      大空の   ああ   ゆめこそはるか
三   伸びていく   伸びていく
      竹のすがたよ
      正しさを   つらぬく「今」の
      よろこびは   ああ未来をてらす
四   古いみやこ   御所のみなみに
      新しい   いのちをつくる
      ぼくの   わたしの竹間校!
竹間富有小学校   校歌
            作詞   渡辺   昌嗣
            作曲   塩見   幸男
一   御所の緑が陽に映えて
      澄んだ歌声こだまする
      楽しい学校つくるため
      共に仲よく励みあい
      学びの力高めよう
      いそしむみんなの竹間富有校
二   比叡の峰を仰ぎ見て
      若い足音響きあう
      明るい学校つくるため
      共に優しく助けあい
      心に花を咲かせよう
      はばたくみんなの竹間富有校
調 査2014年8月13日
備 考吉益東洞宅蹟(NA062)と並び立つ

位置図
位置図

上へ

[HOME]