重修白幽子墓

SA220

じゅうしゅうはくゆうしのはか
石碑(0027728)石碑周辺(0027729)

 白幽子は石川丈山(1583〜1672)弟子の弟で,医道に精通していたと伝える。禅僧白隠(1685〜1768)が疾病を患い苦悩していた折,白幽子を訪ね内観の法を修めて難病を克服したという。架空の人物と思われていたが,吉田神葬墓地で墓石が発見され,宝永6(1709)年に没した人物だということが判明した。白幽子の墓石は明治34年に盗まれ,同36年,富岡鉄斎が同地に再建した。これが現在の墓石である。盗まれた墓石はその後東京で発見され, 白隠に帰依する法輪寺(上京区下ノ下立売通紙屋川畔)の伊山和尚により昭和21年に同寺に移されて現存する。

所在地左京区浄土寺下馬場町(吉田神葬墓地内)
位置座標北緯35度01分24.9秒/東経135度47分20.8秒(世界測地系)
建立年1903年(原碑宝永6年)
建立者富岡鉄斎
寸 法高70×幅26×奥行26cm
碑   文
[南]
松風窟白幽子之墓
[東]
白川山居隠士
[西]
宝永六己丑初秋廿五日
[北]
白幽子墓旧在此所
明治卅四年某月有
竊去之者余恐古蹟亡
滅因謀有志重修之
云   明治卅六年四月   鉄斎外史
調 査2008年1月11日
備 考法輪寺に現存する墓石の写真(2003年1月撮影)はここ

位置図
位置図

上へ

[HOME]