明智薮

HU008

あけちやぶ
石碑(0006288)石碑周辺(0006280)

 天正10(1582)年6月本能寺の変後,明智光秀(1528〜82)は山崎合戦で豊臣秀吉(1536〜98)軍に敗れ,近臣十数名と共に暗夜に乗じて居城近江坂本を目指したが,大亀谷から小栗栖の竹薮道に至った所で,小栗栖の飯田一党の襲撃を受け最期を遂げた。この石標は明智光秀終焉の地明智藪を示すものである。

所在地伏見区小栗栖小坂町
位置座標北緯34度56分49.8秒/東経135度48分07.9秒(世界測地系)
建立年1975年
建立者京都洛東ライオンズクラブ
寸 法高103×幅18×奥行18cm
碑 文
[東]
明智薮
[西]
昭和五十年一月建之京都洛東ライオンズクラブ
[北]
天正十年六月十三日光秀横死
調 査2002年2月13日
備 考関連して明智光秀首塚碑(HI036),明智光秀胴塚(YA063)がある

位置図
位置図

上へ

[HOME]