オープンデータとは

「オープンデータ」とは,原則,誰でも自由に利活用できる形で公開した公共データのことです。 京都市では,市民等の皆様にオープンデータを利活用いただくことで, 「市民協働の促進による市民サービスの向上」,「地域経済の活性化」,「行政の透明性・信頼性の向上」に寄与することを目的として, 全庁を挙げてオープンデータの取組を推進することとしています。

  こうした状況を踏まえ,当所属では,オープンデータの推進等を図るため, 統計API機能を利用することで, 本市はもとより,全市区町村における様々な国が所管する統計データをWEBブラウザ上で表示するアプリケーション(次世代統計アプリ) を公開しています。
 さらに, 京都市では,市民等の皆様が利活用しやすいデータ活用環境整備の一環として,分かりやすく便利なデータ検索機能などを有する,京都市オープンデータポータルサイト 「KYOTO OPEN DATA」を開設しています。

[記事の続きを表示する]/閉じる

京都市オープンデータポータルサイト 次世代統計アプリ

オープンデータの活用事例

当所属では上述したXMLデータを活用し,指定した範囲の町別人口,人口ピラミッド等を表示する機能,或いは 検索した単語に該当するFAQを表示する機能,さらには統計クイズデータをゲーム形式にするなど,オープンデータを推進するための 様々な試みを進めており,各ページで公開しています。
  また,京都市内の中小企業の振興と地域経済の活性化を図ることを目的として設立された (公財)京都高度技術研究所(ASTEM)では, 地元IT企業等のICT(情報通信技術)の展開や新事業・新産業の創出を積極的に支援しています。
 こうしたASTEMによる産業支援等を背景として,当所属が作成したツイッタークイズXMLデータを活用し, 下記のとおりスマートフォンアプリケーション(アプリ)を作成するなど,地元IT企業によるオープンデータ二次利用の動きも進みつつあります。

京都統計クイズ(開発・販売:株式会社アルバス) 京都統計クイズアプリ公式サイト
  • 提供元データ  ツイッタークイズXMLデータ
  • アプリの内容
    • 上記のXMLデータを活用したスマートフォン(android)用の有料(100円(購入時のみ))アプリです。
      「世界」「家計・物価」「京都市」等,10のカテゴリーから好きなジャンルを選択し,クイズを楽しみながら統計に対する 理解を深めることができます。また,回答結果は点数化され,全国のユーザーとランキングを競うことが可能です。
    • 本アプリは本市が広く提供しているオープンデータを活用されたもので,本市がアプリの内容に対して責任を負うものではありませんので,予めご承知おきください。
  • アプリの画面
      統計クイズ画面1 統計クイズ画面2 統計クイズ画面3
counter