HOME > 環境 > 緑の基本計画 第1次 京のみどり推進プラン

環境への高い志を共有する

緑の基本計画 第1次 京のみどり推進プラン

[水と緑]

平成22年3月計画策定 平成23年5月プラン策定

ツイートする

「緑視率」の概念を導入

平成22年度末
平成22年度末:
調査地点37箇所のうち緑視率10%未満が13箇所

平成27年度末
平成27年度末:
調査地点37箇所全てで緑視率10%以上の確保を目指す

地球温暖化やヒートアイランド現象といった地球環境問題への取組や,新景観政策の推進,生物多様性の確保などの緑を取り巻く社会状況を踏まえ,新たな「京都市緑の基本計画」を策定。さらに同計画の実施計画として「第1次 京のみどり推進プラン」を策定し,市街地での市民の満足度に寄与する指標として全国でも例の少ない「緑視率」※1を導入。市民の皆さんとともに,市街地の緑の創出や水と緑のネットワークづくりを進め,緑あふれるまちづくり進めます。

※1 緑視率…人の目の高さにおける,目に見える範囲の緑の割合

ページの先頭へ戻る