HOME > 環境 > 次世代自動車の普及促進

環境への高い志を共有する

次世代自動車の普及促進

[環境]

平成21年度開始

ツイートする

市民ぐるみで「電気自動車のまち・京都」をつくる

平成23年度は新たに充電ポイントを巡る京都EVエコドライブラリーなどに取り組みます。
電気自動車(市民向けカーシェアリングに利用)
電気自動車(市民向けカーシェアリングに利用)

低炭素社会と公害のない社会の実現に向け,市内各所に44基の充電設備を整備。市民向けカーシェアリングの利用は平成22年度で1,518件あり,平成23年3月には稼働率が90%に迫るなど,次世代自動車への市民の皆さんの関心が着実に高まっています。今後も,平成23年度に策定する「京都市自動車環境対策計画」に基づき,2020年度EV※3,PHV※4の6万台普及を目指して取り組みます。

※3 EV(電気自動車)…電気モーターによって駆動する自動車
※4 PHV(プラグインハイブリット車)…電気モーターを主に,エンジンを従として駆動する,外部電源から充電可能な自動車

ページの先頭へ戻る