HOME > 環境 > 「環境モデル都市・京都」から「環境未来都市」へ

環境への高い志を共有する

「環境モデル都市・京都」から「環境未来都市」※1

[環境]

平成21年1月「環境モデル都市」に選定

ツイートする

低炭素社会の実現に向けて全国をリード

温室効果ガス総排出量

地球温暖化対策に特化した条例を全国で初めて制定し,国から「環境モデル都市」として選定。バイオディーゼル燃料化事業など先駆的な取組に果敢に挑戦し,2010年の温室効果ガス削減目標(1990年比10%削減)を2008年に前倒しで達成しました。さらに,平成23年4月から施行した改正地球温暖化対策条例では,2020年度までに25%,2030年度までに40%削減という高い目標を掲げました。今後も新たな目標の実現に向け,市民,事業者の皆さんと力を合わせ,京都市ならではの「スマートコミュニティ」※2の構築などを進めます。

※1 環境未来都市…未来に向けた技術,仕組み,サービス,まちづくりで世界トップクラスの成功例を生み出し,国内外への普及展開を図るために国が創設する制度
※2 スマートコミュニティ…エネルギーの地産地消に加え,交通システムの最適化やライフスタイルの転換までも目指す社会

ページの先頭へ戻る