HOME > 環境 > 駅等のバリアフリー化の推進

環境への高い志を共有する

駅等のバリアフリー化の推進

[歩くまち]

平成14年度から実施

ツイートする

ホームと改札を結ぶエレベーター
ホームと改札を結ぶエレベーター

駅やその周辺道路,バス車両などのバリアフリー化を推進。平成14年度策定の「京都市交通バリアフリー全体構想」で選定した「重点整備地区」の25駅全てで,駅舎へのエレベーターや多機能トイレの設置を行うなど,平成22年度までにバリアフリ―化が完了しました。平成23年度は,平成32年度を目標年次とする全体構想を新たに策定し,引き続き,駅等のバリアフリー化を積極的に推進します。

ページの先頭へ戻る