平成24年度 海外行政調査

最終更新日:平成26年3月25日

平成24年度海外行政調査報告書

・再生可能エネルギーに関する海外先進事例の取組の調査【報告書
・ロードプライシングに関する海外先進事例の取組及び総合交通体系におけるロードプライシングの位置付けの調査 【報告書

ページ先頭へ戻る

平成24年度海外行政調査報告会

開催日時

平成25年5月14日午後1時〜

内容

報告会において,再生可能エネルギーに関する海外先進事例の取組の調査及びロードプライシングに関する海外先進事例の取組についての報告がなされました。

ページ先頭へ戻る

再生可能エネルギーに関する海外先進事例の取組の調査

調査目的

省エネルギー社会に向け,脱原発を見据えた再生可能エネルギーの推進を中心に,当該分野における先進都市の施策等を調査することにより,市政が抱える諸問題を解決し,本市の更なる発展に寄与するため,各都市の取組や施設等を調査しました。

主な調査先

・ドイツ国内各都市(オブリヒハイム原発立地自治体,フライブルク市,ミュンヘン市), 各都市周辺の小規模自治体(ヴァルドキルヒ町,ヴィルトポルツリート村)
・バルセロナ市

調査時期

平成25年1月26日〜2月4日

調査団

調査団
議員名 会派名
寺田 一博 自由民主党京都市会議員団
田中 明秀 自由民主党京都市会議員団
吉井 あきら 自由民主党京都市会議員団
島本 京司 自由民主党京都市会議員団
山岸 たかゆき 民主・都みらい京都市会議員団
松下 真蔵 民主・都みらい京都市会議員団

※ 詳細は,調査計画書参照

ページ先頭へ戻る

ロードプライシングに関する海外先進事例の取組及び総合交通体系におけるロードプライシングの位置付けの調査

調査目的

本市の重要課題である,環境及び交通行政の分野を中心に,当該分野における先進都市の施策等を調査することにより,市政が抱える諸問題を解決し,本市の更なる発展に寄与するため,各都市の取組や関係施設などを調査しました。

主な調査先

・シンガポール市
・ロンドン市
・ミラノ市

調査時期

平成25年1月30日〜2月8日

調査団

調査団
議員名 会派名
加藤 盛司 自由民主党京都市会議員団
西村 義直 自由民主党京都市会議員団
下村 あきら 自由民主党京都市会議員団
桜井 泰広 自由民主党京都市会議員団
隠塚 功 民主・都みらい京都市会議員団
山本 ひろふみ 民主・都みらい京都市会議員団
青木 よしか 民主・都みらい京都市会議員団

※ 詳細は,調査計画書参照

ページ先頭へ戻る

これまでの経過

これまでの経過
日時 内容
平成24年9月26日 議長に対し,以下の2件の調査計画書が提出された。
・ロードプライシングに関する海外先進事例の取組調査 【資料
・再生可能エネルギーに関する海外先進事例の取組調査 【資料
以上について,調査を実施する必要性をそれぞれ審査するため,議員及び学識経験者からなる審査会を設置した。【資料
平成24年10月9日 審査会において,「ロードプライシングに関する海外先進事例の取組調査」に係る審査を行い,調査を実施する必要性については承認されたものの,審査委員の意見を踏まえ,調査計画の修正のうえ,再提出が求められた。【資料
平成24年10月10日 審査会において,「再生可能エネルギーに関する海外先進事例の取組調査」に係る審査を行い,審査委員からの意見及び本市の財政状況を踏まえて,調査計画を精査し,本計画の経費を抑制した形で調査を実施するということで,承認された。【資料
平成24年10月23日 審査会において,「ロードプライシングに関する海外先進事例の取組及び総合交通系におけるロードプライシングの位置付け調査」に係る審査を行い,審査委員からの意見及び本市の財政状況を踏まえて,調査計画を精査し,本計画の経費を抑制した形で調査を実施するということで,承認された。【資料
平成24年11月22日 市会運営委員会において,「再生可能エネルギーに関する海外先進事例の取組調査」並びに「ロードプライシングに関する海外先進事例の取組及び総合交通体系におけるロードプライシングの位置付け調査」に関する調査の実施について諮問され,実施が確認された。
平成24年11月28日 市会運営委員会において,上記の調査に係る議員の派遣が決定された。
平成24年11月29日 市会本会議において,上記の調査に係る議員の派遣が議決された。【資料

<参考>海外行政調査に関する要領等
・京都市会海外行政調査実施要領【資料
・京都市会海外行政調査審査会の組織及び運営に関する要領【資料

ページ先頭へ戻る

過去の取組

以前の実施状況はこちら