北部山間地域のスポット - 京都市北区 歩くマップ

北部山間地域のスポット

 京見峠[きょうみとうげ]

京見峠の写真

西賀茂蟹ヶ坂→京見峠→鷹峯のコースは、軽装で森林浴ができ、約2時間の散策。途中、京見峠にある茶屋のお薦めはお汁粉。ここから見る京都の街の素晴らしいこと。

 桟敷ヶ岳[さじきがたけ]

桟敷ヶ岳の写真

北区最高峰(895.8m)。その昔、悲運の惟喬[これたか]親王が都をしのんで眺めるため山頂に桟敷[さじき]を作った、というのが名の由来とされている。

 霧ヶ谷の滝[きりがたにのたき]

霧ヶ谷の滝の写真

東町まち外れより500mほど登った所に滝があり、かたわらに竜王不動尊を祀る。その道筋に山をかたどったという三角形の歌碑が立つ。高さ約20m、霧状になって落ちる。

 安楽寺[あんらくじ]

安楽寺の写真

惟喬[これたか]親王が建立したと伝える真言宗の寺。昔は御輿を出して祭礼を行った。現在も御輿を出して、その前で大森三町の氏子が祝う。薬師如来ほか四躯の有形文化財がある。

 櫻本寺[おうほんじ]

櫻本寺の写真

木像十一面観音立像を信仰されて、毎月17日の午前中、地元の方がご詠歌をあげておられる。京都市指定有形文化財。

 かやぶきの民家 日下部家[くさかべけ]

かやぶきの民家 日下部家の写真

中川の上田家・大森の椋本[むくもと]家とともに、北山地域でも少なくなったかやぶき住宅。江戸中期(1772) に建てられ、その際の建築設計図である「普請願絵図[ふしんねがいえず]」が伝えられている。建築当時の形態や北山民家の発展・形態の道筋の分かる貴重な財産。市指定有形文化財。

 宗蓮寺[そうれんじ]

宗蓮寺の写真

花の寺。春はヤマユリ・シャクナゲ・サクラ、秋はキブネギク・シュウカイドウ・紅葉など、季節による花が美しい。毎年10月10日前後に尺八のコンサートが開かれる。固定ファンも多い。

 北山台杉[きたやまだいすぎ]

北山台杉の写真

北山地域で最も美しい杉林。公道から全体を見渡せる絶好の景観にカメラを構える人が多い。面積は約1ヘクタールあり、最もまとまった大きさ。他に、樹齢約600年の台杉の巨木は形が珍しく面白い。中川八幡宮の杉は北山を代表する「シロスギ」の母樹といわれる。

 北山の朝市[きたやまのあさいち]

北山の朝市の写真

地元の野菜・果物・山菜ちらしずし・手芸品などを販売。特にお薦めは、北山杉丸太で製作した木工品。毎日曜開催 午前8時30分〜午前11時30分

 おいしいミネラルウオーター(=杉阪の舟水)

杉阪の舟水の写真

昔からおいしい水として湧水している。コーヒー用にわざわざタンクをもって汲みにくる人が多い。土・日曜には、車の列ができるほど並ぶことがある。

 雲ケ畑[くもがはた]の松上げ

雲ケ畑の松上げの写真

毎年8月24日に行われる惟喬[これたか]親王にまつわる伝統行事。山の中腹に櫓[やぐら]を組み、松明[たいまつ]を文字型に組んで点火する。題字は上げるまで秘密とされている。

 賀茂川[かもがわ]のオオサンショウウオ

オオサンショウウオの写真

賀茂川の上流域に生息し、特別天然記念物に指定されている両生類。雨の日には、1mぐらいの大きいものが道路まではい上がってくることも。

 雲ケ畑林業総合センター

雲ケ畑林業総合センターの写真

緑に囲まれた安らぎの空間、都市と山村の人々との交流の場に。あなたも一度訪れてみませんか? 喫茶・軽食コーナーのハーブティはお薦め。月・木曜休み、冬期不定休

地図にもどる

京都市北区役所区民部総務課
京都市北区紫野東御所田町33-1 Tel (075)432-1199 / FAX(075)432-0388
copyright© 2003 Kita-ku of Kyoto City. All rights reserved.