• HOME
  • 各種ご案内
  • 城内マップ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • イベント
  • よくある質問
  • English

二条城の庭園

二の丸庭園

 作庭の年代については記録や作風から推測して,慶長7年(1602)~8年(1603)頃(家康時代)二条城が造営されたときに,その建築に調和させて作庭されたものですが,寛永3年(1626)(家光時代)の御水尾天皇行幸のために一部改修を加えられたと考えられています。書院造庭園である二の丸庭園は神仙蓬莱の世界を表した庭園と言われ,また八陣の庭とも呼ばれています。後水尾天皇行幸当時の姿は,新たに増築された行幸御殿,中宮御殿,長局等に取り囲まれた中庭的な庭園としてつくられ,池の中に御亭を建て,池の中央に3つの島,4つの橋を併せ持ち,二の丸御殿大広間上段の間(将軍の座),二の丸御殿黒書院上段の間(将軍の 座),行幸御殿上段の間(天皇の座)・御亭の主に三方向から鑑賞できるように設計されていました。

二の丸庭園
平面図からみた二の丸庭園
(矢印の所をクリックしてみてください。)

 とくに,大広間からは庭園ごしに天守閣が一部望めたものと思われます。その後行幸の翌寛永4年(1627)から四半世紀にかけ,二の丸庭園を取り囲んでいた行幸諸施設は移築・撤去され,小堀遠州の作庭意図も薄れていきました。3代将軍家光の上洛以降,14代将軍家茂が上洛するまでの,229年間将軍不在のまま幕末を迎えます。その間事由は定かではありませんが,吉宗の時代に庭園の改修が行なわれました。

 時代は下り,15代将軍慶喜の上洛時には,樹木はほとんどなく,池は枯渇して枯山水風の庭園景観を呈し,荒廃していきました。大政奉還後,二条城は転々と所管が変わり,宮内省に所管されてからは5回以上改修が行なわれ,離宮的・迎賓館的な城として利用されました。特に離宮時代に行われた植栽工事は,幕末の庭園景が変貌する程の大規模な改修工事で,今日に至る基本的な景観が完成したと考えられます。京都市に下賜されてからの二の丸庭園は,昭和14年(1939)名勝に指定,昭和28年(1953)に 国の特別名勝の指定を受け,文化財的資産と観光要素の一つとして維持され現在に至っています。

  • お城の基礎知識
  • 年表
  • 二の丸御殿
  • 本丸御殿
  • 二条城の庭園
  • 四季花木
  • 障壁画
  • リンク集

世界遺産二条城ウェディング

世界遺産二条城一口城主募金

京都観光 パーク&ライド

360°撮影パノウォーク

PDFファイルを御覧頂くには「Adobe Reader(アドビリーダー)」が必要です。
下のアイコンをクリックして,
ダウンロードしてください。
(無料配布)

Get ADOBE READER