• HOME
  • 各種ご案内
  • 城内マップ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • イベント
  • よくある質問
  • English

障壁画

 国宝二の丸御殿には3000面以上の障壁画が遺され,そのうちの1016面が,昭和57年に国の重要文化財(絵画)に指定されました。

 二の丸御殿には,車寄側から,遠侍・式台・大広間・蘇鉄の間・黒書院・白書院が雁行型に連なっています。白書院を除くとすべての棟の内部が,金箔をはった画面に鮮やかな岩絵具などで描かれた金碧)障壁画で装飾されています。御殿とともに桃山時代の華麗な様式を今に伝える貴重な文化財です。

 これらの障壁画は,築城当初(慶長3年[1603年])に描かれたものではなく,寛永3年(1626年)の後水尾天皇の行幸のために二条城が大改築された際に,幕府御用絵師であった「狩野探幽(かのうたんゆう)」をリーダーとする「狩野派」という絵師集団によって新たに制作されたものです。

二の丸御殿平面図

二の丸御殿では,現在,大広間,黒書院の全体および白書院の一部を,模写障壁画とはめ替えています。
原画は,「築城400年記念 展示・収蔵館」で保存し,不定期に公開しています。


二の丸御殿 360°パノラマ撮影 パノウォーク

 空間をリアルに表現する「パノウォーク」で,二の丸御殿大広間・黒書院をご覧いただけるようになりました。上下左右360°自在に動き,まるでその場にいるような臨場感を体験できます。
(協力:日本テレビ放送網株式会社・株式会社アマナ)

 パノウォークを見る

  • お城の基礎知識
  • 年表
  • 二の丸御殿
  • 本丸御殿
  • 二条城の庭園
  • 四季花木
  • 障壁画
  • リンク集

世界遺産二条城ウェディング

世界遺産二条城一口城主募金

京都観光 パーク&ライド

PDFファイルを御覧頂くには「Adobe Reader(アドビリーダー)」が必要です。
下のアイコンをクリックして,
ダウンロードしてください。
(無料配布)

Get ADOBE READER