元離宮二条城
元離宮二条城
元離宮二条城
トップページへ
元離宮二条城のご案内
アクセス
お問い合わせ
お城の基礎知識年表二の丸御殿本丸御殿二条城の庭園四季花木障壁画リンク集
元離宮二条城のご案内
元離宮二条城 東南外観 二条城は、慶長8年(1603年)、徳川将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し、3代将軍家光により、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年(1626年)に完成したものです。
家康が建てた慶長年間の建築と家光がつくらせた絵画・彫刻などが総合されて、いわゆる桃山時代様式の全貌を垣間見ることができます。
徳川家の栄枯盛衰のみならず、日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です。
≫二条城探訪マップ(PDFファイル:900KB)
※PDFファイルを御覧頂くには「Adobe Reader(アドビリーダー)」が必要です。
 右のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください(無料配布)。
Get Adobe Reader
 
所在地
〒 604−8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
TEL 075-841-0096 FAX 075-802-6181
開城時間
午前8時45分〜午後4時(閉城 午後5時)

※ 二の丸御殿観覧時間 午前9時〜午後4時
休城日
年末年始 12月26日〜1月4日
毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日
※ ただし当該日が休日の場合は、その翌日を休城日とします。
入城料金
一般 600円 中学生・高校生 350円 小学生 200円
※ 団体料金につきましては、一般の方のみ500円になります。
※ 一般団体は、30名以上です。
※ 学齢に達しない方は、無料です。
<入城料が免除される方>
※土・日曜日の市内小中学生,市内70歳以上の京都市敬老乗車証等をお持ちの方は本人無料。
※身体障害者手帳,療育手帳,戦傷病者手帳,被爆者健康手帳,精神障害者保護福祉手帳等をお持ちの方は本人及び介護者1名無料。
 
 注:入城改札口にて上記証明書をお見せください。
福祉施設等の入城料等の免除について
(対象施設)
・特別支援学校及び特別支援学級
・身体障害者更生援護施設
・知的障害者援護施設
・精神障害者社会復帰施設
・児童福祉法に定める施設等

≫入城料等免除申請書
ガイドの皆様へ
御入城時に,引率の先生及び添乗員を含むガイドの方の身分証の提示をお願いしております。スムーズな御入城のために,御協力いただきますようお願いします。

撮影に関するお願い
二の丸御殿内の写真・ビデオの撮影は禁止とさせていただきます。
また城内での一脚・三脚のご使用は御遠慮願います。

≫写真撮影等許可申請書
≫写真等使用許可申請書
諸設備について
○コインロッカー
 入城券出札所隣り及び休憩所内に設置しております。有料。
○売店
 休憩所内にございます。
○車いすの貸出し(無料)
 二条城事務所へお申し出ください。また、二の丸御殿に観覧される方のために屋内用の車いすも御用意しております。御殿の係員にお申し出ください。
○身体障害者用トイレ
 清流園南側に設置しております。
○お弁当
 休憩所内でお願いいたします。
○音声ガイドシステム
 東大手門脇の受付にお申し出ください。二条城の解説を聞くことができます。
 日本語・英語・中国語・ハングルに対応。有料。
元離宮二条城事務所が所管する要綱等について
 元離宮二条城事務所が所管する要綱等はこちらです。
 
≫全体図 ≫東大手門 ≫番所 ≫唐門 ≫城内の門 ≫西門 ≫台所 ≫東南隅櫓 ≫事務所
ページのトップへ
東大手門    屋根は本瓦葺で入母屋造り、妻は木連格子、棟には鯱が飾られています。形式は櫓門で石垣と石垣の間に渡櫓を渡して、その下を門とした形式になっています。
ページのトップへ
番所    徳川将軍不在の二条城は二条在番と呼ばれる、江戸から派遣された武士によって警備されていました。毎年2組(1組50人)が4月に交代して番にあたりました。この番所はそうした詰め所の一つで、正面十間(19.6メートル)、奥行三間(6.06メートル)の細長い建物です。現在、門番所の遺構は少なく、貴重な建物です。
ページのトップへ
唐門    切妻造、桧皮葺の四脚門でその前後は唐破風造となっています。彫刻がふんだんに使われています。
ページのトップへ
城内の門    城内には、本丸櫓門・桃山門・鳴子門・北中仕切門・南中仕切門などの門があります。これは南中仕切門です。
ページのトップへ
西門   埋門(うずみもん)で、寛永期に作られたものと考えられています。他の門と違って防備は厳重です。折れ曲がって東側に高い石塁を築き北側に出入り口が設けられています。
ページのトップへ
台所    寛永期に建てられたもので、本瓦葺となっています。入口は長方形の大きなケヤキの柱が立ち、両開きの扉と内開きのくぐり戸で構成されています。内部は広い土間と板敷の広間、御膳所や料理の間などの部屋で構成されており、この板敷の広間では、まな板を置いて調理を行い、御膳所などで盛り付けが行われていました。現在、一般公開はしていません。
ページのトップへ
東南隅櫓   二条城には寛永期に建てられた隅櫓が本丸や二の丸の隅にありましたが、天明8年の大火の際に多くの櫓が焼失してしまい、今はこの東南隅櫓と西南隅櫓が残っているだけです。
ページのトップへ
事務所   ここが、二条城を管理している事務所です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
ページのトップへ
 このページに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
 京都市文化市民局元離宮二条城事務所(075−841−0096) 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地