TOP > 展覧会案内 > 芸術都市パリの100年展— ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830-1930年

芸術都市パリの100年展
— ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830-1930年

9月13日(土)— 11月3日(月・祝)
期間中金曜日は午後7時まで開館延長します。(入場は6時半まで)

一般1300円(1100) 高大生900円(700) 小中生500円(300)
( )内は20名以上の団体料金・前売料金

(京都市内在住の70歳以上の方(敬老乗車証等で確認)・障害者手帳等提示の方は無料、京都市内小中学生は土日無料)

 

 

展覧会の主役は、パリの街とそこに生きる人々。案内はパリの各美術館の収蔵作品。 パリを近代都市へと変貌させたのは、セーヌ川の橋の掛け替え、公園や噴水、ガス灯の配備、あるいは万博時に完成したエッフェル塔などであった。 今までになかった都市景観と人々の姿を、パリに生まれ、あるいはパリに集った作家達がどの様に描いたのかを観る。 日本初公開となるセザンヌの《聖アントワーヌの誘惑》をはじめコロー、ルノワール、ユトリロ、ギュスターヴ・モロー、ロダン、ブールデル、マイヨールなどの作品約150点を展示。

            

→詳細は公式ホームページ(毎日放送ホームページ内)へ

 
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内) Tel.075-771-4107 Fax.075-761-0444