TOP > 展覧会案内 > 作家の眼「高橋秀-気への形象」展

作家の眼
「高橋秀-気への形象」展

5月23日(金)~6月22日(日)

大人1,000円(900) 高大生800円(700) 小中生500円(400)
( )内は20名以上の団体料金

※ 障害者手帳等を提示の方は無料。

 

 

活躍中の作家にスポットを当てる〈作家の眼〉シリーズ,今回は1930(昭和5)年生まれの高橋秀を紹介する。広島県福山市に生まれた高橋秀は,19歳で画家を目ざして上京,31歳で安井賞を受賞した。その後,より広い,縛られない世界を求めてイタリアに留学,ローマで約40年を過ごして,独自の表現の確立へと向かった。本展では1970年頃から2004年の帰国,そして現在に至るまでの約50点により,変遷を追い,全容に迫る。
■会場:本館1F南

<作家の眼「高橋秀-気への形象」展 関連イベント>
・「高橋秀と語る」

講師:高橋秀,平野重光(元倉敷芸術科学大学教授)/コーディネーター:吉中充代(京都市美術館学芸課課長補佐)
日時:6月7日(土)午後1時30分~
場所:京都市美術館講演室
料金:参加費は無料
定員:80名(聴講希望者に当日窓口にて整理券配布)

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)Tel.075-771-4334(テレホンサービス) Tel.075-771-4107(代表) Fax.075-761-0444