TOP > 展覧会案内

展覧会案内

京都市美術館では、所蔵作品を核とした主催展をはじめとして、共催展、公募展など年間150以上もの展覧会が開催されております。

展覧会予定表

2015年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月            

2015(平成27)年度 主催・共催展

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015 平成27年3月7日(土)
~平成27年5月10日(日)
世界中から注目されている国内外の芸術家が京都に集う現代美術の大規模な国際展。
三瀬夏之介 日本の絵-執拗低音 展 平成27年4月7日(火)
~平成27年4月26日(日)
山形,京都。そして日本と世界の移動を重ね,自らの存在証明を作品とする三瀬夏之介作品を展示。
2015京展 平成27年5月26日(火)
~平成27年6月11日(木)
京都市主催の総合公募展。日本画、洋画、工芸、彫刻、版画、書の6部門にわたって入選、入賞した作品を展示。
ルーヴル美術館展
日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
平成27年6月16日(火)
~平成27年9月27日(日)
農民や労働者の日々の営み、男女の恋愛模様、母と子の姿や家庭生活など、ありふれた日常を描いた「風俗画」。本展では多様性にみちたヨーロッパの風俗画の展開を、古代エジプトとギリシャの作例を起点に、16世紀初頭から19世紀半ばまでの絵画約80点によってたどる。17世紀オランダ絵画を代表するフェルメールの円熟期の傑作、《天文学者》は、日本初公開となる。
マグリット展 平成27年7月11日(土)
~平成27年10月12日(月・祝)
ルネ・マグリットは、私たちの思想や行動を規定する”枠”を飛び超えてみせる独特の芸術世界を展開した20世紀美術を代表する芸術家である。京都で44年ぶりの本格的な回顧展は,ベルギー王立美術館とマグリット財団の協力を得て,代表作約130点を展示。初期から晩年まで、画家の思想や創造の過程をたどり、マグリット芸術の謎の魅力を堪能する。
再興第100回院京都展 平成27年9月20日(日)
~平成27年10月4日(日)
日本美術院同人、一般入選作を含む新作日本画約100点を展示。
フェルメールとレンブラント
17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち-世界劇場の女性‐
平成27年10月24日(土)
~平成28年1月5日(火)
17世紀のオランダ絵画は, 宗教画からの離脱と日常への関心が,新たな世界観を開く。女性が,婦人像や夫婦像として描かれるばかりでなく,家庭内の母親像や厨房の主人として描かれる。さらに生活を彩るファッションや女性の教養・信仰などが作品となる。世界へ女性が登場する「世界劇場」の幕開けである。フェルメール《水差しを持つ女》やレンブラント《ベロ―ナ》など日本初公開作品も見どころ。
改組新第2回日展京都展 平成27年12月12日(土)
~平成28年1月17日(日)
日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する基本作品約300点と京都・滋賀の地元作家作品約300点の計約600点を展示。
琳派400記念
-琳派降臨-近世・近代・現代の「琳派コード」を巡って
平成28年1月14日(木)
~平成28年2月14日(日)
桃山時代後期に京都に誕生する「琳派」は,その後各時代の美術や工芸の中で,降臨するかのごとく新たな継承と創造を繰り返してきた。日本人の美意識のDNAに組み込まれた琳派の美のコードを探りながら,本展覧会は近世・近代・現代における「琳派コード」を,「自然」「都市」「抽象」の観点から考える。
マルモッタン・モネ美術館所蔵
モネ展―「印象、日の出」から「睡蓮」まで
平成28年3月1日(火)
~平成28年5月8日(日)
移ろいゆく光と大気の変化をキャンヴァスにとどめた印象派の巨匠モネ。本展は、「印象派」の名の由来となったモネの《印象、日の出》から晩年の「睡蓮」や「太鼓橋」を描いた連作にいたる約90点により、モネの芸術の本質にせまる。マルモッタン美術館は、画家が手元に残した作品を遺贈された美術館である。モネが家族を描いた肖像画や10代後半の頃に手がけた風刺画など同館ならではの作品も展示する。
第2回PATinKyoto 京都版画トリエンナーレ展 平成28年3月5日(土)
~平成28年4月1日(金)
日本の伝統文化としての版画、また、現代の版画表現の多様性を文化芸術都市京都から世界へ向けて発信する展覧会。複数のコミッショナーによって推薦された20名の作家による版画作品を展示。
「光紡ぐ肌のルノワール」展 平成28年3月19日(土)
~平成28年6月5日(日)
世界中のルノワールの魅惑的な女性像を集めた展覧会です。
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内) Tel.075-771-4334(テレホンサービス) Tel.075-771-4107(代表) Fax.075-761-0444