特別展
浅井忠と関西美術院展
Special Exhibition: Chu Asai and the Kansai Bijutsuin
図版:浅井忠《聖護院の庭》1903年
図版:浅井忠《聖護院の庭》1903年
Chu Asai, The Garden at Shogoin (1903)
10月17日(火)―12月3日(日)
Tuesday, October 17 – Sunday, December 3
休館日:毎週月曜(祝日は開館)
一般:1000円(800) 高大生:800円(600) 小中生:500円(300)
( )内は前売り及び20名以上の団体料金
(敬老乗車証・障害者手帳等掲示の方無料,京都市内の小中学生無料)
詳細:プレスリリース
出展作品リスト(含展示替リスト)

近代洋画の巨匠・浅井忠らによって創設された関西美術院は、当時の京都では数少ない洋画教育の場として、数多くの画家を輩出した。 本展では、浅井忠、鹿子木孟郎、安井曽太郎、梅原龍三郎など、関西美術院ゆかりの画家の作品を通して、2006年3月に創立100周年を迎えた関西美術院の足跡を振り返る。

When modern Western-style painting giant Chu Asai established the Kansai Bijutsuin, his school was one of the few places to learn Western-style painting in Kyoto. In addition to paintings by the founder, we will view works by some of the other numerous painters from the Kansai Bijutsuin, including Takeshiro Kanokogi, Sotaro Yasui and Ryuzaburo Umehara, and reexamine the impacts of this institution that celebrated its 100th anniversary in March 2006.