京都市美術館コレクション展 第3期
表面への意志
Masterpieces from the Permanent Collection III: Surface Intentions
図版:太田喜二郎《レッスン》1911−12年頃
図版:太田喜二郎《レッスン》1911−12年頃
Kijiro Ota, Piano Lesson (c. 1911-12)
7月29日(土)−10月1日(日)
Saturday, July 29 – Sunday, October 1
一般・高大生400円(300)  小中生200円(150) ()内20名以上の団体料金
(敬老乗車証・障害者手帳等掲示の方,京都市内の小中学生無料)

勢いある筆のタッチ、ものが貼りつけられたキャンバス、施釉されていない陶器のざらつきなど、美術作品に一歩近づくと、そこには様々な「表面」が存在している。 漆や七宝など「表面」にほどこされる芸術もある。 「表面」を手がかりに、美術の多様な側面を探る試み。堂本尚郎、八木一夫、井田照一らの作品を展示。

The vigorous stroke of the brush, materials attached to the canvas, and the rough feel of unglazed pottery ? as we get closer to works of art, we find that every one has a surface. We also have lacquer, cloisonn? and other art that results from surface applications. Taking clues from surfaces, we will explore the many facets of art in works by Hisao Domoto, Kazuo Yagi, Shoichi Ida and others.