TOP > 京都市美術館について > 建物のあらまし

建物のあらまし

 美術館本館の建築設計は「日本趣味を基調とすること」の条件のもと、広く公募され、一等に入賞した前田健二郎の設計図案を基に、昭和6年に着工、昭和8年に竣工しました。 美術館別館は、昭和5年に京都市公会堂東館として建てられ、昭和39年より京都会館(平成25年7月に「ロームシアター京都」に名称変更)別館として用いられていた建物の和風外観を保全しながら内部を全面改修し、平成12年に新設されました。

  本館 別館
敷地面積 24,331m2
構造 鉄筋コンクリート2階建 鉄筋コンクリート一部鉄骨
建築面積 4,657m2 892m2
延床面積 9,349m2 1,967m2
陳列面積 5,039m2 916m2
展示室数 24室 2室
総壁面長 1,832m 372m

  収蔵庫 事務別棟 美術教室
建築面積 1,465m2 274m2 377m2

ロームシアター京都の敷地内にあるため算定不能

本館正面西玄関

庭園と東玄関     写真上2点 撮影:便利堂

本館西側

本館西玄関

西門の館名プレート。微かに大礼記念の文字の跡が確認できる。

西玄関ホール

本館大陳列室

別館:左京区岡崎最勝寺町13(ロームシアター京都敷地内)

写真上6点 撮影:福永一夫


〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内) Tel.075-771-4107 Fax.075-761-0444